目白 ブラッスリー ラ・ムジカ ブログ

<   2015年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧




冴木杏奈さんのコンサートへ!!

アイドルタイムにタンゴ歌手、冴木杏奈さんのコンサートに伺わせて頂きました!
実は杏奈さんとは奇跡の再会!なんです!(と言っても私はいち観客なだけで、杏奈さんは知る由もありませんが!笑)
それは1999年にパリで研修していた時の事です。
言葉もロクに通じない為、仕事も捗らない日々を送る中、お店に向かう街角の一角に目をやると東洋美女の笑顔(コンサートのポスター)が、眩しい程にこちらを見つめていました。

「Anna saeki」

そう書かれた文字 、、あ!この読み方、日本人!!! ここにも頑張っている日本人がいるんだ!!!

当時パリの冷たい風に悶々としていた私は、スケールの違いこそあれ、その銀幕のスターに大きな勇気を勝手に頂いたのでした。

そんな感慨深い杏奈さんのコンサートに16年越しに伺えたことは、これ以上ないほどのご縁なのでは!と思う訳です。

それにしても、美しさとパワー漲るコンサートでした!!
このブログでは伝えきれないほどの濃いステージです!!

年明けにも、また舞台をなさるそうなので、是非ともチェックして、会場に足を運んでみて下さい!

b0272087_21161416.jpg


[PR]



by lamujica | 2015-10-27 01:06 | la・mujica  ブログ | Comments(0)

近代食堂さんに掲載して頂きました!

昨日発刊されたのですが「近代食堂」という雑誌に掲載して頂きました!
テーマは国産食材の活用方法についてです!
最近の連日の出張の中から、特に素晴らしい出逢いのあった、食材達を紹介させて頂きました!
一つ目は、青森県十和田市の 「ヒメマス」
二つ目は、佐渡ヶ島の「南蛮海老(甘エビ)」
です。
2品とも誠心誠意臨みました!このままブログで紹介したい所ではあるのですが、全国の書店にありますので、詳しくは是非ともお手にとって(ご購入頂き!)ご覧下さい!!

b0272087_21045177.jpg

b0272087_21045172.jpg

b0272087_21045148.jpg


[PR]



by lamujica | 2015-10-25 01:04 | la・mujica  ブログ | Comments(0)

櫻正宗さんとのコラボ!

今月末に、兵庫県は灘の名蔵、櫻正宗さんとのコラボディナーがあります!
お席の方は既に満席なのですが、蔵の方と打ち合わせさせて頂き、興味深い逸話を教えて頂いたので、簡単に紹介させて頂きます。

お酒を醸造するのに欠かせないのは米と水と、そう、酵母ですよね!

その酵母も酒税法制定のもと設立された官立醸造試験場の後進、日本醸造協会の認定のもと頒布されているのですが、その正式な第一号酵母は、400年の歴史がある櫻正宗さんが所有する!という由緒正しき蔵なのです。

類稀な歴史を持つ蔵だからこそ、また様々な逸話があります!
「~正宗」と冠する蔵は多々ありますが、なぜその名が多いかというと、仏教の「臨済正宗りんざいせいしゅう」に由来し、「清酒・せいしゅ」は「正宗・せいしゅう」と名付けられ、いつしか「まさむね」と呼ばれ、正宗は清酒の代名詞となったのです。
1800年代に、商標条例施行の際に、正宗の酒銘が多いことを理由に、普通名詞とされ、その単語単体では登録出来なくなった為に、国花である櫻花一輪を配し「櫻正宗」となり、清酒にして初めて正宗の銘を冠したのです。

もうひとつ、 面白い逸話も。「くだらない」という「取るに足りない、価値の低い」の事をさしますが、実はこの語源、所謂「酒言葉」なんです。

平成の世も江戸の世も、市場原理が働き、その中心は東京(江戸)ですよね。
そんな中で、質の高い酒は利き酒氏により相場が決められ、当時も江戸に集まってきました。
そして「酒どころ」と呼ばれていた灘(当時国内石高のトップ地域は灘でした)の中でも、前述の正宗(現在の櫻正宗)を冠した酒は江戸っ子の間で人気を博しました。

ただし、都は京(上方)にあった訳ですから、江戸に向かう灘の酒は(下りもの、下り酒)と呼ばれていたのですが「価値の低い酒」は江戸に「下らすことが出来ない」つまり、「下らない」となったのです。

さて、ウンチクはこれ位にし、コラボ前に私の地元浅草をブラブラしていたら、こんな場面に!
櫻正宗さんの菰被り!!!!
イベント前にこんなおめでたい遭遇はありません!

b0272087_21040109.jpg



気合い充分で臨みます!!
[PR]



by lamujica | 2015-10-23 23:21 | la・mujica  ブログ | Comments(0)

ソルトブッシュラム!

フレンチ好きのグルマンならば、知らない方はいないであろう、ムール貝との双璧でありブルターニュを代表する食材といえば、そう、プレサレ。
解説すると、モンサンミッシェル湾の湿地帯という限定的な場所でのみ生産される仔羊のことです。
潮の満ち引きの影響で、限られた植物のみ生育する塩田において、そのミネラル豊富な植物を食み、長い期間かけて放牧されるという特別な成育方法の恩恵は、しっかりとした赤身の旨味、羊特有の臭みが少なく、それでいて柔らかい肉質。という仔羊界のトップに君臨する素材なのです。

ところが、口蹄疫発生後に、日本への輸入が止まり、一般に口にすることは、不可能に近い状態になっています。

そんな中で、さすが日本の商社さん!探し出してくれました!
モンサンミッシェルとほぼ同条件のオーストラリアのある地域において、試験的に生産されているラム、日本で手に入ります!

それがソルトブッシュラムなんです!

b0272087_21032472.jpg

b0272087_21032445.jpg



今回は中途半端なのですが2/3頭分位仕入れました!

貴重な素材なので、じっくりと向き合って大切に使っていきたいと思います。
おそらく10月末位まではあると思いますので、オンメニューされている際には是非お試し下さい!
[PR]



by lamujica | 2015-10-19 00:02 | la・mujica  ブログ | Comments(0)

従兄弟オンパレード!笑

今だに私の身体の事を案じて沢山のお客様に足を運んで頂いておりますが、30人程いる!従兄弟にもかなりの頻度でお店に来てもらってます(^^;;
そんな従兄弟とパチリ!!

大怪我をした手前、三歩進んで二歩下がる感じではありますが、それでも一歩づつは進んでおりまして、しっかりと調理に向き合ってますのでどうぞご安心下さい。

b0272087_23010872.jpg


[PR]



by lamujica | 2015-10-15 00:07 | la・mujica  ブログ | Comments(0)

ケータリング!

目白という場所柄、ケータリングのオーダーが時々あるのですが、今回は横浜まで行ってきました!(私服ですみません!)

今回は、主催者のマダムと参加者の方のダブルバースデーというなんともおめでたい日にお声掛け頂きました!

到着すると、ご主人と共に出迎えてくれたのは、なんと4000本のワイン!
レストランレベルを超越して、ワイン屋よりも多いストック数!!!

先ずは前菜を提供させて頂き、程なくして、イノシシをロースト。
味見をしてから決めたワインが、、、

赤身のマリアージュには Hospices de beaune 2012(まさにグランヴァン!これから熟成を迎えるであろう若いヴィンテージにもかかわらず、世界中のピノ愛好家の期待を裏切らないであろう、そのスケール感と、申し分ない旨味、カカオを中心とした多岐に渡る香りの持続性には驚きました!)

脂身交じりの部分には Ch clerc milon 2006(ピエロと女性が踊る姿で有名なエチケットですが、さすが1級の造り手、ポイヤック特有の熟成感溢れるフルボディさを残しつつも、とても綺麗に広がるエレガントな香りとジューシーさは秀逸!ポテンシャルの高いカベルネやメルローのもつ芳醇さが肉に寄り添うスパイスとなりました!)

b0272087_22595764.jpg

b0272087_22595752.jpg



ご主人と相談させて頂き、膨大なワインの中からの上記2本は、まさに出逢いのワイン!
他にも限定のシャンパーニュや希少な日本酒等、私もしっかりとwご相伴にあずかり、楽しませて頂きました!

b0272087_22595803.jpg

b0272087_22595835.jpg



⤴︎そしてデセールはクロカンブッシュ!おめでた感満載のシューの山は予想以上の盛り上がり見せてくれました!

基本、ケータリングは近隣の方に限定されますが、正直言うと、私、伺った先のご家庭のキッチンで調理するの好きです!
自分のお店とは違う不慣れな感じの中で、創り上げ、喜んで頂ける個人的な達成感が嬉しいのです(笑)

ご要望があれば、善処致しますので、気軽にご相談下さいね(と、個人的な快感の為にアピールしてみるw)
[PR]



by lamujica | 2015-10-11 02:25 | la・mujica  ブログ | Comments(0)

李白酒造の田中路子女史にご来店頂きました!

先日アップさせて頂いた島根県松江市の李白酒造、田中路子女史に、京王百貨店での催事出店後、お食事にお越し頂きました!

カウンター越しに、世界中からのオファーを受ける酒造りの裏側を伺う事が出来ました!

130年以上の伝統と格式に安堵する事なく、リスクを恐れない姿勢を垣間見せて頂きました!
日本トップクラスの味造りは、とても大きなチャレンジをし、走り続けています。

その答えの一部は、各銘柄の豊富なラインナップによる提案力からもわかる事でしょう。

私自身、思い出すだけでも赤面するほど、様々な失敗をしていますが、懲りずにまだまだチャレンジしていこう!と充分な鋭気を頂きました!!

b0272087_22590526.jpg





李白酒造HP www.rihaku.co.jp


[PR]



by lamujica | 2015-10-07 01:58 | la・mujica  ブログ | Comments(0)

試飲会@秋、冬向けワイン!&リーズナブルワインのお知らせ!

秋の深みを感じるこの頃、、、
休みの今日は、表参道のとある会場まで赴き、ワインの試飲会に参加して来ました。
これからの時期は料理も夏場と比べるとコクのある皿が増えますので、ワインもそれにマリアージュさせるべく、濃度のあるものを中心にチョイスして来ました!
7~8種類は入れ替える予定です!

それに伴い、もうひとつ、その試飲会場で産声をあげた(笑)嬉しいお知らせを告知します!
近年、国内のワイン需要の比率増はもとより、国際的にも需要は増加しています。
特にこれからの時期、ワインが最も美味く感じる季節突入です!
その現状を受け、ウチの様なブラッスリーが、料理とワインのマリアージュを今まで以上に「財布をあまり気にせず」に提案出来たらお客様嬉しいよね!!という!「試飲しながら!!!」生まれたなんともノリの良い企画!

題して!コスパの高いリーズナブルワインシリーズ!ALL@2980円!!

このシリーズは、フランスのみならず、ヨーロッパから新大陸まで網羅し、ブドウ品種も千差万別。
お客様の選択肢を増やすと同時に、我々サイドもその価格でも妥協することなく、マリアージユ出来るポテンシャルある1本を提案出来る様にします!
明日からドンドンオンリストしていきます!
この日の試飲したものも含めて、現在のワインリスト(もちろん自信を持っている子たちです!)
にプラスして掲載していきますので、皆さん、是非とも@2980円ワインシリーズ楽しみになさって下さい!





b0272087_22575504.jpg


[PR]



by lamujica | 2015-10-05 22:56 | la・mujica  ブログ | Comments(0)

目白のフランス料理店 ラ・ムジカのブログです
by lamujica
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

甲州は勝沼に出張
at 2018-09-02 00:07
コラコラw
at 2018-08-31 00:04
10年以上ぶりに大阪に行きま..
at 2018-08-27 01:24
常連さんに頂いた北海道のme..
at 2018-08-19 22:54
お盆帰省。
at 2018-08-14 02:51

Twitter

最新のコメント

以前の記事

タグ

検索

ブログジャンル