目白 ブラッスリー ラ・ムジカ ブログ

<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧




御縁

昨日お陰さまで本年最終営業が無事に終わりました。最終日まで沢山のお客様にお越し頂き誠にありがとうございました。


b0272087_22422280.jpeg



その後→片付け→↑忘年会→3時過ぎ→店で爆睡→帰宅→サプライズのお歳暮↓

b0272087_22422346.jpg


昨年から非常にお世話になっている茨城の猟師さんから頂きました。

b0272087_2242238.jpeg


↑真鴨が包まれていた新聞紙上手すぎ!w 正月の料理はこれで決まり!


さてさて・・・

再び店に舞い戻り、溜まりに溜まった事務処理をしつつ今年の本業の反省点を洗い出しつつ、こうして今年最後の記事を綴っています。



この一年を振り返ってみると、なんと言っても大震災が挙げられます。

3.11の日から、私の中で新しい概念が生まれ、「ラ・ムジカ炊き出し隊」の活動が始まり、もともとは常連のお客様(現在のコアメンバー)の力を借り、徐々に様々な方に広がりを見せました。
そして、同業のフレンチシェフや関係者の方を中心に様々な方とのご縁を頂き、徐々に磨き上げ結果として現在の「はっぴーらんちぷろじぇくと」に進化しました。(これまでに記事を是非ともご覧下さい)

思えば、定休日の月曜日に日帰りの強行スケジュールを組み福島入りし、様々な活動に全力で臨んできた(つもり!)のと、それによりこのプロジェクトを立ち上げていなかったら出会わなかったであろう、様々な方とのご縁を頂きました。

それにより、自分でも想定外の精神力や発想力が身についた気に!なってます。

その観点で本業にフィードバックさせてみると、来年のラ・ムジカは更なる進化を遂げるはずです。
勝手に自信に満ちている大晦日を迎えています。

そんなラ・ムジカに是非とも期待して頂き、年末のあいさつとさせて頂きます。

本年もご愛顧頂き誠にありがとうございました。
引き続き来年もよろしくお願い致します。

皆様、良いお年をお迎え下さい。

                              chef 梶村良仁

目白 Brasserie La・mujica 03-3565-3337


なお、新年は5日(木)から通常通り営業しております。
[PR]



by lamujica | 2011-12-31 15:12 | la・mujica  ブログ | Comments(0)

クリスマスが終わった直後ですがどうしてもお伝えたい事



今年のクリスマス期間は、強力助っ人の関さん(元女性従業員)が布陣に加わってくれ、特に24日の2回転目も満席の世界大戦並の日には大いに助けてもらいました!
常連のお客様も、久々の関さんの登場に心和む、、とのコメントが!(今はどうなんでしょうか??笑)

お陰さまでクリスマスも23日~25日まで連日満席を頂戴し、先ほど無事に片付けまで終わり、バイザグラスの為のワインを傾けながら、その忙しかった余韻に浸りつつ、どうしてもお伝えしなければ!との元に今日もデスクの前に座りました。

それは・・・

前回の相馬市での「はっぴーらんちぷろじぇくと」の記事・・・

いつもブログを読んで頂いている常連のお客様や友人からの反響が予想外に大きく、直接メールを頂いたり、昨日や今日の来店の際に声をかけて頂いたり・・・という状況になってます。(あまり会話できる状況ではありませんでしたが・・・汗)

ホントは一息つきたい所ですが・・・!
我々の活動と、今の福島の現状をもう少し詳しくお伝えさせて頂く事で、少しでも周知して頂き、この活動が「草の根運動」の様に広がっていけば、未だに光の見えない被災地域に於いて、小さな希望の光が確実に灯され続けると自負している観点で、再度奮起して記事書いてます!

↓ 海岸沿いは瓦礫もかなり撤去され、何も無くなってしまった印象。瓦礫があった頃はそこに人や経済の痕跡が確認できましたが、今は逆の意味で本当に恐ろしく感じます・・・



↓ 相馬の海岸沿いで唯一残った建造物(耐震評価が最高ランクの青少年海の家)は躯体だけ残りました。たった1つの「市民がそこにいた証拠」として、モニュメントにする声が上がっているとの事です。
そして、相馬名所の海岸線の松林。木々も跡形もなくなり、今は木片だけが積み上げられています。

b0272087_22422167.jpeg


↓ 前回もお伝えしましたが、相馬市の居酒屋での一席です。ボランティア活動を継続することで太くなったいった「絆」を通して、今後の展開についてだけでなく、地元の先生方や商店主の方と、腹を割ってお互いの立場からモノを云い合うことも非常に重要です。

b0272087_22422249.jpg


↓ 2次会ではさらに「友情」が深まった一席になりました。(要するにだいぶ酔っていた!笑)

b0272087_22422281.jpeg


↓ こちらも前回と重複しますが、難を逃れなんとか営業再開した宿に泊まり、その日の余韻に浸りました・・・(男4人が揃うと、この後はお見せ出来ない状態に!ツイッターやFBにはアップしましたが公式ブログでは・・・特に銀座ぺリ二ョンの青木シェフ・・・)



2日間滞在した相馬市で、クリスマス前、お店もかなり慌ただしいタイミングでしたが、日帰りせずに思い切って宿泊して、我々が得たもの、そして、現地の方々に伝わったもの・・・
全部を記事にすることは不可能なほどたくさんありました。

引き続き、このブログやツイッター、FBでお知らせして参りますが、年が明け、すぐにあの3.11から、一年がやってきます。

そんな中で、現地のボランティアもだいぶ少なくなってきている現状もみてきました。

最後になりましたが・・・
我々が活動している福島では向こう30年とも言われる放射能半減期との戦いの中、実質リーダー不在になってしまった現日本に於いて、自分達で新しい価値感も見出し、今後もそれを信じて被災地の子供達へ応援活動して行くのがベストだと考えております。

ただし、その為には毎回往復する為の車両2~3台使う交通費だけでも数万円単位でのコストがかかるのも事実です。
継続して活動するには皆さんの応援が欠かせません。

つきましては、僭越ながら我々の活動資金になる口座番号を記しますので是非とも義援金という形で応援して頂ければ幸いです。

もしお振込いただければ・・・

我々に託して頂いた義援金や物資は、実際に何に使われ、どこに届けられたのか?という事を明らかにします。
お振込頂いた際に御一報頂ければ、何に使われたのかが分からない曖昧な使途ではなく、1000円でも10万円でも、毎活動の後に必ずご返信させて頂いております。

なお、使途につきましては事務局長と私のダブルチェックで口座管理しておりますが、今後、このはっぴーらんちプロジェクトの活動範囲が、更に広がる可能性もありますので、その場合税理士も含めた資金管理も検討しております。

以下

三井住友銀行 目白支店 (普) 6877536 口座名 ムジカ君被災者支援口 迄

連絡先

はっぴーらんちぷろじぇくと本部(ブラッスリーラ・ムジカ内)03-3565-3337
メールアドレス lamujica@ion.ocn.ne.jp
または、     lamujica@i.softbank.jp (こちらの方が返信は早いです)
または、     ツイッターアカウント @mujicakun @happylunchpjのフォローを!
または、     FBアカウント @梶村良仁 @ラムジカ炊き出し隊 @はっぴーらんちプロジェクト            に友達リクエスト、及び、いいね!をお願いします。


さて、今年も数日。

次回本年最後の記事は、1年の締めくくりと来年に向けての抱負(本業は飲食です!)を語らせて頂きます!
[PR]



by lamujica | 2011-12-26 02:12 | la・mujica  ブログ | Comments(0)

クリスマスプレゼントin相馬市


「ラ・ムジカ炊き出し隊」改め、「はっぴーらんちぷろじぇくと」のご報告。

先日19日月曜日~20日火曜日にかけて、今年最後の被災地支援活動は前回と同じ、相馬市の幼稚園になりました。

「ラムジカ隊」としては、今回で通算6回目、「はぴらん」としては2回目で合計1000食以上の実績がありますので、大抵のアクシデントにもなれ、想定外の対処も出来るようになってきましたw

そんな中で特筆すべきは、今までの主軸の活動である「炊き出し」の進化系、「プレミアム給食」と銘打っております。
が、それだけに留まらず、今回から様々なアーティストに同行して頂き、「文化部」という云わば、「心のビタミン剤」が加わりました。

それにより、被災地の子供達に、食だけではなく文化的な(食育も含め)アプローチをする事が出来るようになり、はぴらんが本格始動した事を先ずはご報告させて頂きます。

具体的な活動内容は後ほどお伝えしますが、先ずは今回初めての試みでもある、被災地に宿をとり、彼ら(校長先生はじめ諸先生方、地元の商店主の方)と共に酒を酌み交わす・・・という直接の支援活動ではなく(結局はリンクするのですが)、言うなれば、もはや「友達感覚」での心の交流が大事では・・・?と考える様になってきました。

先ずは午前様まで先生方と飲み明かし、翌朝を迎えた時の我々部隊の心情を少しだけお伝えします・・・

晴天の済み渡る空と真っ青に広がる海だけを宿から見ていると、ここは被災地なのかはわからない・・・
海岸部から陸側に連なる山々。
その頂きから下流に向かうほどに山の恵みを携えた清流が河川を伝い、旨い魚が育つのは容易に解る。
3.11以前であれば、相馬の漁師さんが地元の魚介を自信を持って自慢する姿も自然と目に浮かぶ・・・

しかし・・・
船は流され、港も復興の目処はない。
したがって、僅かに残った船を持人の出漁もない。(この話題は後日必ず触れます)

一方、陸側に目を移すと、この宿が高台にあり、かろうじて難を逃れている状況なのが一目でわかる。
そこから下の地区内の住宅や商店街は僅かに復興の兆しを感じるものの、人々の流れも少ない為に、個人商店のビジネスに対する意欲は殆ど感じられない。
それは、外出を控えざるをえない事、地元の食材を避ける事、仮設住民の急増によるトラブル、等、地元住民のマイナス意識が多い・・・とは校長先生の談。

そんな中で我々が活動させて頂いている現地の校長先生の復興に対する意欲的なその姿勢は、被災地だけに留まらず、今後あるべき日本人の姿なのだと感じる。

それは、3・11以前に戻すのは無理だという前提の元で、新しい形を創るしか明るい未来はやってこない!という観念。
そしてそこにいる子供たちがその形を体現している。

それは・・・

放射線量の為に、限られた時間内で校庭で運動や遊びをする児童。
ついつい自分が子供の頃と比較してしまう。

にもかかわらず、見ず知らずの我々に対して、明るい笑顔で元気にあいさつをしてくれたり、ちょっとしたコミニケーションの際もはっきりとした口調で答えてくれる・・・
馬追いで有名な相馬の武士の気品を、この子達はしっかりと受け継いでいるのだと、交流を持てたこちらが誇りたくなる感覚。

前述の、「新しい形」が必要。という枠組みで考えてみると、如何にこの子達に今迄にない支援の形を提案していけば良いか?というシンプルな答えが見えてくる。

「はっぴーらんちぷろじぇくと」の意義を再確認できたと同時に、日帰りではなく現地の宿をとり、現地の居酒屋で、現地の先生や商店主の方々と酌み交わせたことの意義は大いに今後の活動に繋がります。

そして、30年後に繋がる活動をしていく為には、子供達に対する活動以外にも、出来る限り福島の「友人」達と共有していく事を心に誓いました。

↓は文化部代表、今年度グッドデザイン賞受賞者の角田崇氏による「つのっちのこうさくきょうしつ」

b0272087_22422095.jpeg


彼のスペシャリテ、「ペーパークラフト」による竹トンボ教室を開催。
デザイントイの枠組みにとらわれず生み出されたペーパークラフトは、「7割は用意して、残り3割は自らが創意工夫しながら仕上げる事により飽きさせない」という新しい発想の元に、児童たちにもそれを実現。


b0272087_22422180.jpg


その後、当店でもディナーコンサートにて好評を博しているソプラノ歌手の「礼奈さん」による、「れなさんといっしょにうたおう!」の企画。

以前も2度に渡り、南相馬の避難所で炊き出ししていた頃に、同行してくれた彼女は、その際も演歌を披露してくれました。
今回は、子供達に童謡を披露してくれました。(画像は後日アップします。)


b0272087_22422182.jpeg


そして、はぴらんの本丸!「プレミアム給食」
今回も食育を兼ねて、牛肉のブルゴーニュ風(そこから日本のハヤシライスや肉じゃがが派生した)とフレジエ(同じく日本のショートケーキの原型)を供して参りました。

それらの料理やデザートの説明を子供たちや保護者の方、先生方にもお伝えすることで、少しでもその皿への思いが伝われば・・・と、本業状態でした。

デザートは、代官山の料理学校、ル コルドンブルーのお菓子作りの先生でもある豊長氏
の作品。それをスイーツジャーナリストの平岩里緒さんが現地で解説して下さり、子供も大人も納得!
単純に食事を提供するのは過渡期ですからね(笑)

ウチのM事務局長提供のチョコレートハウスも子供たちの視線を釘付け!


とにかく、子供達の笑顔は正直でした!

これからも少しずつこの喜びを力に変えて、本業同様に頑張って参ります。

今後とも応援よろしくお願い致します。

はっぴーらんちぷろじぇくと 代表 梶村 良仁
[PR]



by lamujica | 2011-12-21 02:12 | la・mujica  ブログ | Comments(0)

目白のLa・mujicaX‘masイベント目白押し!


いよいよ師走も後半戦に突入しようとしております。

繰り返しの告知になりますが、今月は・・・

16日金曜日X‘masディナーコンサート
18時半開場、19時半開演(お一人様チャージ料込¥7500、残り4席)

22日~25日の限定4日間、X`masスぺシャルディナーコース
(22日は通常メニューと並行、23~25日はスぺシャルディナーコースのみ
お一人様税込¥7500、23日24日はお席残りわずか!)

それと同時進行で、X`masテークアウトも承っております。
オードブル5種盛り合わせ一人前¥980(2人前より承ります)
ひな鳥のローストチキン¥1羽1800
詳細は前回のブログ参照。


さて、
今日は、X`masメニューに照準を合わせすでに始めている仕込みをご紹介します!
熟成させるため本日仕掛けた、ジビエのパテアンクルートです。

このパイ生地の中身は猪と青首鴨の組み合わせ。

品格のある香りと、味わいを持ち合わせる両者が、1つのパテとしてお皿にのぼる時、噛みしめる度に豊富な旨味を感じ、香りと旨味を包み込んでいるパイ生地が見事なまでにバランス良くまとめてくれています。

↓はオーブンにて焼成する直前の状態。

パテから伸びている煙突の意味・・・分かりますか?
焼成中に溢れる肉汁が生地に吹きこぼれない様に少し長めの煙突をたてるのです。

b0272087_22422048.jpeg


焼き上がり!
b0272087_22422077.jpg



丸い穴から少し光っているのは、ポートワインのジュレ。

焼き上げる際にどうしても生地から離れてしまうファルスとの隙間を、流し込んだジュレが埋めてくれると共に、香りや旨味に奥行きを与えてくれます。
このジュレは、コンソメなどでも美味しいです。

旨味溢れるファルスと風味豊かな生地とのマリアージュ。
完成形はLa・mujicaに来てからのお楽しみ!

22日と25日はお席に若干の余裕があります。
今年最後の食べ収め。
是非ゆっくりと渾身の一皿を楽しんで下さい!

ご予約、お問い合わせ・・・
03-3565-3337まで

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。
[PR]



by lamujica | 2011-12-13 01:12 | la・mujica  ブログ | Comments(0)

今年も日本酒とのコラボレーション!


昨年に引き続き、12月1日、「日本の酒と食の文化を守る会」とLa・mujicaのコラボがありました。

1年前から今回分のご予約得御頂いていた関係もあり、日頃から日本酒を飲む機会を増やし、フランス料理と日本酒の接点をこの1年間探していました。

ワインに比べて酸度や糖度が1/3程の日本酒は、フレンチと併せられる範囲で言うと更にその1/5位のゾーンしかない(研究した結果導き出した持論です)ので、ストライクを狙うのは簡単ではありません。

要するに上記の理論で数値化すると、ワインに比べて1/8というかなり狭い穴を狙わなければなりません・・・

まあ、そこに料理人としての挑戦する楽しさを見出していますがw

そんな持論が固まりつつある中で、茨城県笠間市友部にある「須藤本家」という造り手さんを前述のM会長に紹介して頂き、まずはその蔵元さんのお酒の特色を実際に口にし感じてみました。

その時は決して上級のキュベではなかったのですが、丁寧且つしっかりとした造り込みを感じる、芯の通ったキレの良さとそれでいて上質な旨味をかんじました。

その時点でこの蔵元さんの手掛けるお酒は様々な料理に併せ易いポテンシャルを持つな・・という印象からのスタートでした。

その後なんと平安時代から続く日本最古の酒蔵だという事を知り、しかも55代目!となる現当主、須藤源右衛門さんと、幾度となく熱いトークを重ねさせて頂き、当日併せるお酒(上級キュベやトップキュベ)を試飲させて頂きました・・・

すると、
・・・金槌でガ―ンと頭を殴られた程のポテンシャルを持つ一本に出会いました・・・
正直日本酒の枠組みを超えた・・・というより、グランヴァンをも凌駕する程の一本!

その名も「花薫光」というキュベ・・・

これは、驚く事に、刺身や魚介料理ではなかなか太刀打ち出来ないほどのパワー!

お肉、、しかも赤身肉に併せたい究極のキュベ。
大吟醸というと、香りの強さとは反比例し、線が細くなる印象のお酒も多い中で、この花薫光は、女性的なジューシーで華やかなトロピカルフルーツ(しかも黄色いフルーツ系)の香りが押し寄せてきた後には、男性的で芯の太い芳醇な旨味がしかも綺麗に舌の上に広がる、まるでマジックに掛かったかの様な感覚に陥りました。

更には「雪の舞」や「山桜桃」「超甘口」も他に類を見ない味わい。・・・
一回の記事では説明しきれないので割愛します。

もとい、これは今まで自分なりに研究してきた日本酒の概念を一杯で覆されました。

しかも須藤さんと打ち合わせさせて頂き、辿りついた答えがこの名醸酒には「ジビエ(蝦夷鹿)」!

その他にも通常だと到底想像もつかない「フォアグラ」や「フルーツ」等日本酒とは結びつけ辛い、パワーや芳香溢れる素材をメニューに組み入れる運びとなりました。

一本だけ例えるならば、花薫光というお酒は、ベテランのキャッチャーの様・・・
こちらがフレンチの直球勝負でも遊び球でも、しっかりと受け止めてくれます。
もちろんこちらもプロですから、その一皿(一球)ずつストライクゾーン狙いますが。

b0272087_2242186.jpg

↑メインはこれw

b0272087_22421942.jpeg


↑はこの日のテーブルセッティングの様子

この記事をここまで読んでも日本酒好きな方は、きっとジビエ?フォアグラ?と思われる事でしょう。

正直私自身もその名醸酒達と出会うまでは半分?という感覚でしたが、実際に食してみて、また当日のお客様の反応をみて、須藤本家さんとの出会いは新たなる価値観が成立した素敵なディナーとなりました。

現在55代目当主、須藤源右衛門さんとフレンチと日本酒の本当のマリアージュ、定期開催していく旨、調整中ですので是非ともお楽しみになさって下さい!




&La・mujicaからのインフォメーションです。

いよいよ街もクリスマス一色ですね。

今月16日金曜日・・・
才色兼備、孤高のヴァイオリニスト、中川直子さんと天才ピアニスト、加賀谷祐輔さんのX`masディナーコンサート、お席も残り僅かになって参りました。

19時半開演で、ご案内しておりますので、お早目のご予約をお待ちしております。
お一人様¥7500(フルコースの食事代、ミュージックチャージ込)

そして、22日(木)~25日(日)までの限定4日間、(22日は通常ディナーメニューと並行営業)
X`masディナー(お一人様¥7500、特別フルコース&シャンパン一杯付)
X‘masテークアウト(前菜盛り合わせエ¥980、ローストチキン¥1800)
引き続きご予約承り中です。(どちらも前回と前々回のブログ参照)

なおクリスマスディナーは23日、24日のお席が残り僅かとなって参りました。

年に一度の聖なる夜に送る渾身の特別ディナーメニュー!
La・mujicaはいつもと違うテーブルセッティングで、おもてなしさせて頂きますので、お料理同様そちらも併せてお楽しみになさって下さい!
[PR]



by lamujica | 2011-12-08 02:12 | la・mujica  ブログ | Comments(0)

来週12日月曜日営業&年末年始のお知らせ


例年の如く、今年もあっという間に師走になってしましました・・

飲食業に従事する者として一番の繁忙期であり、クリスマスならぬクルシミマス(笑、小僧の頃いつも先輩が言っていました、)の時期です。

クリスマスディナーコース(前々回のブログ参照)にもオンメニューしておりますが、↓画像・・・今年も入荷始まりました!

そう・・・鮟鱇です。

不気味なフォルムに似合わず、とびきりの旨味を持つこの子は火の入れ方と旨味の出し方との兼ね合いで、更なる魅力をます、とびきりの素材です!

常連さんにはお馴染みなりつつある「アンコウ七つ道具のテリーヌ」始まりました!

サフランで香りを付けながらそれらを煮込み、煮凝り状にし冷やし固めた、この時期のスペシャリテです!

中心には肝を配しバルサミコの香りと共に召し上がって頂きます。

これは吊るし切りが始まる直前の画像!
ライトを当てると若干オバケっぽい感じ。

b0272087_22421754.jpg




さてさて、大事なお知らせです。
La・mujicaの年明けまでのスケジュールをお知らせします。

先ずは来週12日の月曜日は営業します。ランチは空いておりますがディナーは残り僅かです。

そして、19日月曜日は福島県相馬市へはっぴーらんちぷろじぇくと(前の回のブログ参照)の為にお休みを頂きます。

26日月曜日は営業します。忘年会やLa・mujica食べ納め!是非どうぞ!

そして、今年は30日が最終営業日となり、年明けは5日からの営業再開します。

何かと慌ただしく過ぎていく師走のなか、今年も頑張ったご褒美、そして、新しい年を、ラ・ムジカならではの美味しい料理と厳選したワインで、是非とも大切な方と共にお楽しみ下さい!
もちろん全力投球で最後まで突っ走ります!

皆様のご予約心よりお待ちしております。

ご予約、お問い合わせ 03-3565-3337迄
[PR]



by lamujica | 2011-12-05 01:12 | la・mujica  ブログ | Comments(0)

目白のフランス料理店 ラ・ムジカのブログです
by lamujica
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

ドーンと!
at 2018-03-18 00:32
クエックエックエ
at 2018-03-09 02:31
ips細胞の
at 2018-03-02 01:45
獺祭の会
at 2018-02-23 00:39
差し上げます!
at 2018-02-20 23:56

Twitter

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧