目白 ブラッスリー ラ・ムジカ ブログ

<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧




300食超え!X‘masテークアウトのお知らせ!


今年も地元浅草で、お酉さまへ商売繁盛祈願してきました。

毎年物凄い人手で賑わっていますが、今年は露店の出店制限が表参道にはあり(結局裏側には沢山出ているのですが、、w)心なしか寂しいきがしましたが、中に入れば相変わらず活気にあふれ、あちこちで手拍子が鳴り響いていました!

この神頼みというか、人間臭いというか、値付けが一切存在しない野蛮さ、というか、とにかく、この雰囲気は下町ならではで、個人的に大好きです。
お店をオープンする前から、毎年行っていました。

毎年少しずつ熊手を大きくしていくのが習わしなのですが、La・mujicaも去年より一回り大きな熊手にしました(といっても控えめな大きさですが・・フレンチなのに何気に店内にも飾っています、ナイショですw)

この熊手は「かっこめ」といって「福を手前へかき込む」という謂れがあるのはご存知の通りだと思いますが、そのかっこめの中にはさらに福を招く様々な飾り付けがなされています。

例えば、↓の画像にもある通り、熊手の受けとして塵取がありますがコレは福を逃さないという意味や、想像しやすい鶴や亀、七福神、鯛、以外にも、実り多い稲穂や、福が還るで、カエル、ゲンを担ぐ神輿、米俵、〆縄、招き猫、等々、あらゆる縁起物が詰まっています。

小さいと5~6000円からで買えますので特に商売なさっている方はお立ち寄りを!
但し縁起ものなのと、ご祝儀の世界なので、初めて買う方は必ず「吹っ掛け」の洗礼を受けるでしょう!!

b0272087_22421679.jpg


b0272087_22421734.jpeg



さてさて、今年も気付いたら・・La・mujica史上、No1の大人気企画をお知らせする時期になりました。

そう、X`masテークアウトです。

去年はなんと300食を超え、ランチ前とディナー前はマスクに手袋着用で、店内がお弁当屋さんに変身し、いつもと違う光景になる貴重な日なのです。


下記テークアウトの内容を記します。

La・mujica特製X`mas限定!テークアウトBOX

*ローストチキン(丸ごと一羽)¥1800(2~4名様分)
 柔らかな身質が特徴のひな鳥をしっとり、そして香ばしくローストしました!
 リヨン風ポテト(飴色玉ねぎとジャガイモのソテーを絡めた付け合わせ)を添えて

*オードブル盛り合わせ(1名様分¥980)2名様分より承ります
 5種類!のメニュー内容になっております
 ・ラムジカ定番 赤ピーマンのババロア、トマトのジュレと共に
 ・黒豚と地鶏レバーの田舎風パテ
 ・小海老と有機野菜のカクテルサラダ
 ・スモークサーモン、黒コショウの香り
 ・新鮮完熟野菜のラタトゥイユ

完全予約制、12月20日までにお願い致します。

お渡し期間*12月22日~25日までの4日間

お引き渡し時間*上記期間の11時30分~15時
             または、17時30分~21時

必ずご予約時にお受け取りの日時をご指定ください。

TEL&FAXにて承ります。 共通番号 03-3565-3337   

 

ラ・ムジカならではの味を御家庭の食卓で楽しんでみてはいかがですか?

[PR]



by lamujica | 2011-11-29 01:11 | la・mujica  ブログ | Comments(0)

La・mujica x`mas menu 発表!



早いもので11月も後半戦に差し掛かってきました。

街もクリスマスカラーにデコレーションされ、我々飲食の人間は「このまま年末に突入だ~」と気合いが入る時期です。
今年もやはりお待たせしてしまいましたが、La・mujicaのクリスマスメニュー2011Verが出来あがりましたので、告知させて頂きます!


・・・と、その前に、ブログを見てくださっている常連のお客様より、前回アップしたこだわりの牛肉の肝心な中身を見せた方が・・・とのもっともなコメントを頂きアップしましたw

↓適度なサシと深い赤身の色が特徴の部位です。良く動かす部位なので、赤身の旨さも感じ、かつ和牛ならではのサシの香りもやジューシーさも適度に楽しんで頂ける身質です。
こういった部位がソースを使うフレンチにはやはり合いますね!サシばかり入っている等級の高い和牛は素材自体の脂(サシ)で肝心なソースを弾いてしまいますからね!

b0272087_22421553.jpg


それともう一枚!
↓画像はクラシック好きな方のバースデーパーティーでのガトーオペラ。
その昔パリのオペラ座界隈のパティシエが作り始めた、、といわれるクラシカルなガトー。
そう、、当店はリクエストがあれば、出来る範囲でホールケーキ等、お作りします。

b0272087_2242152.jpeg




さてさて、お待ちかねのクリスマスメニューの発表です!

La・mujica X`mas menu
22(thr)~25(sun)の4日間

~下記、メニューです~

~グラスシャンパン(サンタクロースからのプレゼント)~
Coupe de mousseux

~一口の可愛い前菜~
Amuse-gueule

下記より、各料理一品ずつお選び下さい

~前菜  Entrée~
活オマールエビのラヴィオリ トリュフの香り
Raviole d`homard aux trrufes
ジビエのパテアンクルート ポートワインのジュレ
Pate en croute aux gibier et gelee d`aspic

~魚料理 Poisson~
茨城産アンコウのブレゼ バイヨンヌ生ハムのフュメ
Braiser au lotte et fumet de jambon de Bayonne
北海道産活〆真鱈とその白子のこんがりロースト
Cabillaud et ce laitance roti a ma facon

~肉料理 Viande~
エゾ鹿のノワゼット パンデピス(蜂蜜とスパイスの自家製パン)とフォアグラ
Noisette de chevreuil au pain d`epice et foie gras de canard
ブルターニュ産七面鳥のフリカッセ リドヴォ―、セップ茸と共に
Fricasse de dinde avec ris de veau et ceps

~デザート Dessert~
焼密芋のスイートポテト ブッシュドノエルスタイル
Buche de noel au `mitsuimo`
聖夜に捧げる薔薇とイチゴの宝石箱
Fraisier au rose

~自家製パン pain&カフェ cafe~

¥7500{税込・サービス料は頂いておりません}

ご予約、お問合わせ、心よりお待ちしております。03-3565-3337

今年最後の渾身の一皿!是非楽しんで下さい!

                     Brasserie La・mujica シェフ 梶村良仁

追伸・次回はこちらもすっかり恒例になりました、クリスマステークアウトメニュー(昨年も200食超え!)を告知させて頂きます!こちらも併せてお楽しみに!
[PR]



by lamujica | 2011-11-22 03:11 | la・mujica  ブログ | Comments(0)

お客様のリクエスト=定番?


今日は、この時期最もリクエストが多くなる食材をご紹介します。

というより、毎年この時期定番のメニューなんですw

前菜では、なんといっても牡蠣!

去年までは、三陸(釜石や広田)の牡蠣に海水のジュレ、ライム風味 でしたが、現段階では入手できず、見守るしかない状況です。

そんな中で、今時期は・・広島や三重も出回っていますが、東北地方よりも北の産地が美味しい季節になっています。(近畿以南は年明けが美味しくなります。)

La・mujicaならではの、他にない味をリーズナブルな価格でテーブルにお出し出来る様に、様々な産地を改めて探しています。

そんな中で先日仕入れに行った際に手にしたのが、北海道の仙鳳趾、昆布森海域と呼ばれる牡蠣です。

正直、例年の三陸産の仕入れ値よりもお高めですw。
しかし、流通量が少なく多少高くても、極力三陸産を使うつもりで仕入れに来たので、逆にこれだけ予算を割けば、今まで使う事の無かった素材も使える!という言い訳を付けて仕入れてきましたw。

肝心の味は食べてからのお楽しみ。昆布森効果を実感して頂ける事でしょう!
思わず嬉しくなってしまうほどの品質です。


b0272087_22421418.jpeg


続いて今時期は何と言っても「ジビエ」!現在完全に牛肉の世界の奥深さに個人的には陶酔していますが(笑)、お客様の声は大切ですからね!

b0272087_22421424.jpg


真鴨が茨城や青森、もう少ししたら鹿児島の方からと日本全国から届きます。しかもそのほとんどが仲卸の肉屋さんを通さず、猟師さんからの直送なので、ジビエも気軽な感じで召し上がれます!


b0272087_22421599.jpeg



肉の色身はまさに深紅・・・赤ワインとカカオのソースで。熟成したシラーやグルナッシュ、等、スパイシーで濃い赤とよく合います。

いずれのメニューも数に限りがありますのであしからず、、、




「クリスマス特別ディナーコース」と、すっかりこの時期の恒例になりました「クリスマス限定テークアウト」(昨年も200食オーバー!!)も次回あたりに告知しなくては・・・と思っております。

今年は12月22日、木曜日~25日、日曜日の4日間になります。
なお、22日は通常メニューと並行営業します、23日~25日までは特別メニューのみになります。

すでにご予約を入れて下さっている沢山のお客様・・・ありがとうございます!

もう少しだけお持ち下さいませ、、、
[PR]



by lamujica | 2011-11-20 02:11 | la・mujica  ブログ | Comments(0)

年末年始パーティーのご案内


毎年の事ですが、3,4月と11,12月は特にパーティー需要が多くなります。

ラ・ムジカは目白という立地上、近隣の大規模な私立大学の先生方、その付属学校の保護者の方、そして何より、沢山の教会がある街ですので、結婚披露パーティーや2次会、等、幅広い主旨でのお集まりが多いです(学生だけの集まりはありません)

クリスマスなどのメインイベントがあるこの時期は年末に向けて毎年一気に突っ走っていく感じです・・

そんな中でもラ・ムジカは個人のフランス料理店としては比較的収容人数が多いのと、駅からも近いので、5名以上のご予約が多く、最大~60名程までの貸し切りなど、便利にご利用頂いているとも感じています。

ちなみに10名様以上の場合、通常よりもお得なプランをご用意しております。

そんな訳で、当店でパーティーを検討して下さっている方に、それに関する話題をピックアップしてお伝えしてみようと思います(料金はHPで案内しているので、併せてご参照ください)

まずはじめに・・・

基本的には30名以上の貸し切りを御希望する方は「食事と打ち合わせのセット」を推奨しております。
要するに「初めてご利用頂くお客様」は、週末などのランチで一度来店して頂き、気軽に召し上がって、当店の「味」や「雰囲気」を知って頂き、そうすることでその後の打ち合わせもスムーズになります。

特徴・・・

ラ・ムジカでは、今までに沢山のお客様と打ち合わせをさせて頂いた経験を踏まえて、そのパーティーに合った「内容」をご提案し、明確なプライスリストから「予算」を導き出していきます。そしてお客様のご要望により、マイクやプロジェクター、ピアノ、提携生花店から割引価格でのブーケ等・・・各シーンに合わせてお応えできる用意があります。

最後に・・・

簡単な説明は以上ですが、肝心なのは、「美味しい料理を楽しんで頂く事」、ですから楽しむためには年齢層や性別、場合によってはそのパーティーの主旨等も伺い、それらを反映したメニュー作りをします。


・・・少しだけ料理紹介・・・

画像は先日、クラシックな料理がお好きなお客様の集まりでの料理の一部です。
メインデッシュは、鴨。付け合わせまで懐かしい感じで仕上げてみました!(ラディッシュです。コックになりたての時以来の仕事、w)

b0272087_22421361.jpeg


バルバリー鴨のロースト、、

b0272087_22421395.jpg


会場(店内)の様子、、この日は55名の立食パーティのセッティングの様子、、(最大で60名迄です、)

b0272087_22421339.jpeg


打ち合わせによる最良のプランを導き出し、通常営業同様に、心に残るおもてなしをさせて頂きます。

いつもと違うパーティーを検討している幹事の方!腕の見せ所です!

お気軽にお問い合わせください。

ご予約、お問い合わせ 目白 ブラッスリーラ・ムジカ 03-3565-3337(パーティー担当梶村まで)




 
[PR]



by lamujica | 2011-11-14 02:11 | la・mujica  ブログ | Comments(0)

「はっぴーらんちぷろじぇくと」

今回は、ラ・ムジカ炊き出し隊からの御報告があります。

先ずはそのイントロダクション・・・

あれは我々が炊き出し活動をはじめてまだ2回目の福島入りをした時です・・・

現在は周知の通り避難所は閉鎖されて仮設住宅に移行が完了していますが、当時の様子はというと、体育館の段ボールのみの間仕切りや放射能の影響で外出もままならず、長引く避難所生活に疲労困憊の方ばかりでした・・・

比較的年齢の若い方もしかりです。
最愛の家族や友人、恋人、同僚、そして住居や仕事・・・を失い、もしくは家に戻る事も許されず・・・
自分自身に置き換えてみればすぐに理解できると思いますが・・・

そんな状況の中で・・・

南相馬の小学校及び中学校の避難所での2回目の炊き出しの際に、我々の部隊を精力的に盛り上げてくれた一人の避難者の方がいらっしゃいました・・・

その時は失礼でかもしれませんが、こんな時になんてパワフルで明るい方だ!とそんな記憶が残っていたのですが、ラ・ムジカ隊有志のIさんがただ者ではない!との嗅覚を働かせ、その後の炊き出しまえ御縁をつないでおいてくれました。

後日そのご本人に事情を伺った所、その時は実際避難者であり、のちに避難所である学校閉鎖後に相馬市の校長先生に着任された方だったのでした!

それがきっかけで南相馬はもとより新たに着任なさった相馬市でも多岐にわたり視察させて頂く機会を頂きました。

相馬市は、計画準備避難区域や東電の補償地域外の為に、報道こそされない物の、実は我々が活動していた南相馬市と同じ位の甚大な津波の被害を受けている実情を知る事が出来ました。
そして放射能濃度の告知や除染等、損害補償、支援物資等・・・他の地域に比べて遅れている現状も・・・

しかし、そんな中でも地域の人々や子供達は前を向いている事も知る事ができました。

時を同じくして、他地域同様に南相馬市でも仮設への移行が完了した為に、我々小さなラムジカ隊は活動地域を検討する必要性を感じてきました。もちろん仮設へ移ってからもまだまだ支援の手が必要なのは充分に理解しての事ですが、我々は根本的に「食」の支援に特化してきた背景がありますので、今後仮設での継続的な炊き出しにより、近所で頑張って営業を再開している飲食店の方の足をひっぱる事は、同じ飲食人として本末転倒ではないか?・・・と感じ始めていました・・・

そこで、少数精鋭のラ・ムジカ隊は、柔軟な発想のもと、新しい形を生み出す事が必要・・・と判断しました。

そし前述の校長先生から頂いた御縁を活かし、支援がより少ない地域で、将来福島を支えていく子供たちにスポットライトを当てる決意をしました。

現在はある程度回復してきていますが、震災から直後の期間は、放射能や津波の影響で物流が滞り、充分な食事が提供されていない事実を知りました。考えてみると自身が小学生のころはなんでもおかわりしていたやや太めの子供でしたから、この豊かな日本に於いて今の事情を考慮しても、手を差し伸べることを実行しなくてはならない。と義務感にすら感じました。

そして・・・
東日本大震災に伴う、被災地での炊き出しを柱に活動してきた「ラムジカ炊き出し隊」は、この度名称を新たに・・・

「はっぴーらんちぷろじぇくと」

として、被災地の学校給食支援へと移行します。

その活動の一環として、目指すは12月の終業式前の19日(月曜日)相馬市の子供たちへ「クリスマスプレゼント」の位置付けで、「プレミアム給食」を実行する運びとなりました。

それに差し当たり先ずは今週7日(月曜日)に小学校に隣接するI幼稚園に「モデルケース」としてプレミアム給食を実行してきました。

美味しい食事はもとより、その料理やデザートの「なるほどー」という背景や正式な食し方を「食育」という形で子供たちへ伝え、その延長線として、「親子料理教室」やコラボレーションしている音楽家や各ジャンルのクリエーターの方と連携します。

先の見えない放射能事故にて、制限を受けざるを得ない福島の子供たちへ、美味しい食事と共に、才能溢れる方々に触れてもらい、経験してもらう事で、多面的な扉の解放に繋げていこう!という活動です。

以下当日のメニューとその際の画像です。
計100食強の提供でした。

b0272087_22421157.jpg


◎絶品地鶏のクリームシチュー(フリカッセ)
◎昔ながらのプリン(クレームランヴェルセ)
◎きゅうりの浅漬け
◎ポテトサラダ

シチューとはもともとこういう成りたちで・・・ということから、プリンの本当の作り方や食し方をPTAの方々にお伝えしてきました。


b0272087_22421235.jpeg


子供は正直です。
美味しいか否か、、ある意味ドキドキしました、、が結果は大成功!
表情でお分かりになるかと。

b0272087_22421246.jpeg


最後にお世話になった先生方、チームのメンバーとのスナップ。

こうして無事、今後に繋がる形になった訳ですが・・・実はまだ続きがあります。
このあと校長室で次回のミーティングをしていた際に、小学生も含めて下校時刻になった時の事です。
車が校庭に続々と集まり、あっという間に校庭が埋め尽くされました。

子供達は、除染が済んでいない為に登校班ではなく、保護者のマイカーでの迎えで帰宅せざるをえないのです。
未だに外出どころか、外で遊ぶこともままならい状況を、迎えの車の列を見て実感する事になったのです・・・
この現実を見た我々は外で遊び呆けていた子供の頃に置き換えた直後、次回の活動をより意義のある、充実した内容にするべく、全員が心に誓いました。

名称も一新し今後も独自の形で発展し支援の形に一石を投じ続けていきたいと考えています。

但し、より良い活動をできる根源は皆様の協力や応援があってこそです。このブログをご覧になって「はっぴーらんちぷろじぇくと」に共感して頂けたならば、是非とも力を貸して下さい。その形は様々です。ある方には同行して頂き、また別の方には義援金という形で支援して頂いたり・・・
いずれにしても我々がそのお気持ちを形にして参ります。

最後に・・・
直接我々の活動費になる支援金受付口座を記しますので、お気持ちのある方は是非ともご協力をお願い致します。

ラ・ムジカ隊炊き出し隊改め、はっぴーらんちぷろじぇくと 代表 梶村良仁

三井住友銀行 目白支店 普通 6877536 口座名 ムジカ君被災者支援口 迄

追伸・・・
お振り込みして頂いた方には、その大切なお金が何に使われたかの御一報を差し上げております。
どうぞ御遠慮なくlamujica@ion.ocn.ne.jp 又は、lamujica@i.softbank,jp 迄ご連絡をお願い致します。
[PR]



by lamujica | 2011-11-09 23:11 | la・mujica  ブログ | Comments(0)

毎月恒例!ディナーコンサートのお知らせ

毎月最終金曜日に催している大好評のディナーコンサート。

今月25日は久しぶりの出演となるバリトン歌手の辻康介さんと、同ユニット(ビスメロ)でも活動している、サックス奏者の鈴木広志さんをお迎えします。

イタリアでみっちりとクラシックの基礎を学び、現在は中世の音楽を独自のアレンジで表現、またラジオのDJも務め幅広い活動をしている辻さんは、低音ボイスだけでなく、MCも魅力的。

一方鈴木さんは東京芸大卒業後、様々なクリエーターとのコラボや楽曲提供など業界トップクラスの実力の持ち主、「サックス界の貴公子」とよばれるイケメンアーティストでもあります。

肝心の料理は、毎月各アーティストの方をイメージしたメニューをコースのどこかには当てはめていますが、今回は辻さんが研鑽を重ねた国、「イタリア」をイメージした皿を組み込みますのでお楽しみに!

b0272087_22421118.jpg



今月「バリトンとサックスの夕べ」は残り8席となっておりますのでお早目のご予約をおススメします。


そして来月12月16日はクリスマスディナーコンサート!

毎回その美貌とは裏腹に、圧倒的な表現力で観客を魅了するミスパーフェクト!ヴァイオリニストの中川直子さんと、前回、初出演にしてファンになった人続出の天才ピアニスト、多賀谷祐輔さんをお迎えして、La・mujicaのXmasメニューと共に楽しめる特別企画!

中川さんは何度も出演して頂いているのでご存知の方も多いのでは?特筆すべきは、2回目の出演となる多賀谷さん・・・彼の人柄について一言・・・温厚な人柄なのですがいったん演奏モードに突入すると、自分の世界観に聞く人まで深く浸透させていく、特別な才能の持ち主。
そんな彼は、日常会話していても、いきなり鼻歌を唄うなど、時折自分の世界にトリップする癖があります(笑)

しかし、その表現力は、今まで沢山のピアニストに演奏して頂きましたが、そのなかでも間違えなくトップクラス!幼、小、中とピアノを習っていた私の折り紙つき(大したことはないですね^^)です!

b0272087_22421148.jpg



こちらは12月22日(木曜日)から始まるクリスマスディナー(近日発表・御予約承り中!)を一足先に召し上がれる特別企画なんです!

両月ともお一人様¥7500(フルコースの食事代、ミュージックチャージ込)
開場18時半、開演19時半(お食事がスタート)となっております。



そのほかにも毎年200食超えの大好評企画!すっかりお馴染みになりました「クリスマステークアウト」、今年もやります!

この時期、目白のLa・mujicaはイベント目白押し!目が離せません(笑)

皆様のご予約心よりお待ちしております。

御予約、お問い合わせ・・・03-3565-3337まで
[PR]



by lamujica | 2011-11-05 23:11 | la・mujica  ブログ | Comments(0)

目白のフランス料理店 ラ・ムジカのブログです
by lamujica
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新の記事

西洋朝顔
at 2018-07-11 02:26
突然の訪問客❗️
at 2018-07-03 00:40
けっこう頻繁に食べてます
at 2018-06-29 00:25
石森接骨院
at 2018-06-17 02:10
同僚の皆さん
at 2018-06-11 23:05

Twitter

最新のコメント

検索

ブログジャンル