人気ブログランキング |

目白 ブラッスリー ラ・ムジカ ブログ

今年も日本酒とのコラボレーション!


昨年に引き続き、12月1日、「日本の酒と食の文化を守る会」とLa・mujicaのコラボがありました。

1年前から今回分のご予約得御頂いていた関係もあり、日頃から日本酒を飲む機会を増やし、フランス料理と日本酒の接点をこの1年間探していました。

ワインに比べて酸度や糖度が1/3程の日本酒は、フレンチと併せられる範囲で言うと更にその1/5位のゾーンしかない(研究した結果導き出した持論です)ので、ストライクを狙うのは簡単ではありません。

要するに上記の理論で数値化すると、ワインに比べて1/8というかなり狭い穴を狙わなければなりません・・・

まあ、そこに料理人としての挑戦する楽しさを見出していますがw

そんな持論が固まりつつある中で、茨城県笠間市友部にある「須藤本家」という造り手さんを前述のM会長に紹介して頂き、まずはその蔵元さんのお酒の特色を実際に口にし感じてみました。

その時は決して上級のキュベではなかったのですが、丁寧且つしっかりとした造り込みを感じる、芯の通ったキレの良さとそれでいて上質な旨味をかんじました。

その時点でこの蔵元さんの手掛けるお酒は様々な料理に併せ易いポテンシャルを持つな・・という印象からのスタートでした。

その後なんと平安時代から続く日本最古の酒蔵だという事を知り、しかも55代目!となる現当主、須藤源右衛門さんと、幾度となく熱いトークを重ねさせて頂き、当日併せるお酒(上級キュベやトップキュベ)を試飲させて頂きました・・・

すると、
・・・金槌でガ―ンと頭を殴られた程のポテンシャルを持つ一本に出会いました・・・
正直日本酒の枠組みを超えた・・・というより、グランヴァンをも凌駕する程の一本!

その名も「花薫光」というキュベ・・・

これは、驚く事に、刺身や魚介料理ではなかなか太刀打ち出来ないほどのパワー!

お肉、、しかも赤身肉に併せたい究極のキュベ。
大吟醸というと、香りの強さとは反比例し、線が細くなる印象のお酒も多い中で、この花薫光は、女性的なジューシーで華やかなトロピカルフルーツ(しかも黄色いフルーツ系)の香りが押し寄せてきた後には、男性的で芯の太い芳醇な旨味がしかも綺麗に舌の上に広がる、まるでマジックに掛かったかの様な感覚に陥りました。

更には「雪の舞」や「山桜桃」「超甘口」も他に類を見ない味わい。・・・
一回の記事では説明しきれないので割愛します。

もとい、これは今まで自分なりに研究してきた日本酒の概念を一杯で覆されました。

しかも須藤さんと打ち合わせさせて頂き、辿りついた答えがこの名醸酒には「ジビエ(蝦夷鹿)」!

その他にも通常だと到底想像もつかない「フォアグラ」や「フルーツ」等日本酒とは結びつけ辛い、パワーや芳香溢れる素材をメニューに組み入れる運びとなりました。

一本だけ例えるならば、花薫光というお酒は、ベテランのキャッチャーの様・・・
こちらがフレンチの直球勝負でも遊び球でも、しっかりと受け止めてくれます。
もちろんこちらもプロですから、その一皿(一球)ずつストライクゾーン狙いますが。

b0272087_2242186.jpg

↑メインはこれw

b0272087_22421942.jpeg


↑はこの日のテーブルセッティングの様子

この記事をここまで読んでも日本酒好きな方は、きっとジビエ?フォアグラ?と思われる事でしょう。

正直私自身もその名醸酒達と出会うまでは半分?という感覚でしたが、実際に食してみて、また当日のお客様の反応をみて、須藤本家さんとの出会いは新たなる価値観が成立した素敵なディナーとなりました。

現在55代目当主、須藤源右衛門さんとフレンチと日本酒の本当のマリアージュ、定期開催していく旨、調整中ですので是非ともお楽しみになさって下さい!




&La・mujicaからのインフォメーションです。

いよいよ街もクリスマス一色ですね。

今月16日金曜日・・・
才色兼備、孤高のヴァイオリニスト、中川直子さんと天才ピアニスト、加賀谷祐輔さんのX`masディナーコンサート、お席も残り僅かになって参りました。

19時半開演で、ご案内しておりますので、お早目のご予約をお待ちしております。
お一人様¥7500(フルコースの食事代、ミュージックチャージ込)

そして、22日(木)~25日(日)までの限定4日間、(22日は通常ディナーメニューと並行営業)
X`masディナー(お一人様¥7500、特別フルコース&シャンパン一杯付)
X‘masテークアウト(前菜盛り合わせエ¥980、ローストチキン¥1800)
引き続きご予約承り中です。(どちらも前回と前々回のブログ参照)

なおクリスマスディナーは23日、24日のお席が残り僅かとなって参りました。

年に一度の聖なる夜に送る渾身の特別ディナーメニュー!
La・mujicaはいつもと違うテーブルセッティングで、おもてなしさせて頂きますので、お料理同様そちらも併せてお楽しみになさって下さい!



by lamujica | 2011-12-08 02:12 | la・mujica  ブログ

目白のフランス料理店 ラ・ムジカのブログです
by lamujica
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

Twitter

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月

検索

ブログジャンル

画像一覧